スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「全村避難 飯舘村 ある家族の150日」(NHKドキュメンタリー)

原子力安全・保安院の職員にしろ、枝野してもウソをつき続けているよな。
飯館村、まさに「死の町」といってよいだろう。
で、 「全村避難 飯舘村 ある家族の150日」 なんだが、先週の深夜にこっそりと放送してんだよな。
せこいねえ。
でも、スタッフたちは、被ばくしてんいるんだろうな。
これを見ている我われは、安全なところにいる。
誰かが、リスクを負わないと情報も得られない。

で、番組のサイトなんだけど、ここ でこのNHK仙台のドキュメンタリーが見られる。
これは、日本人としてみなくてはならない番組だ。
最後の自省がむなしい。

この番組を見て、切なくなってくる。
小出先生たちが、早い時期から線量が高いことを指摘していたのに、対処をしなかった政府の責任だろう。
当事者が判断できず、無能かつ無責任な奴らが当事者をコントロールしている構図だ。
コントロールするためにウソをつきとおし、必要な情報を開示しない。
これは、まさに国家的な犯罪行為といっても間違いがない。

だから、避難するにしろ、すべての費用と損害は、盗電と政府に請求したらいい。
一刻も早く、ギリシャ化した盗電をきっちりと介錯してあげることのほうが、国益になることに違いない。
法律にのっとって、経営陣の無限責任を履行してもらえばいい。

で、教訓なんだが、有事の際は決して正常性バイアスに陥らないことだ。
これが、命取りになる。

責任をもって行動するのが大人だ。
責任を持たずに行動するのが子どもだ。
子どもは、責任のあるポジションにはつけない。
間違ってついてしまったら、速やかにその席を明け渡さなければならない。
なぜならば、責任をとれないからだ。

あ、アサツーさん、見てる~?
この情報ファシズム国家では、あんた方はゲシュタポだよ。
スポンサーサイト

テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

すみいち

Author:すみいち
美味しいものとお酒、そして温泉、音楽をこよなく愛します。まずいものとそれをサーブする人間は大嫌いです。
オフィシャル・サーバントのくせに、大衆をコントロールしようとするやつらは、もっと嫌いです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Number
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。